看護師の石垣島移住

【石垣島】わたしが好条件の看護師求人を探した方法を紹介します

人生で1回は南の島で働いて生活してみたい・・・

私の夢の一つが、「沖縄に住むこと」でした。

ふくしま
ふくしま
はじめまして、のまどナースのふくしまです。

沖縄に住む夢を叶って、約1年間石垣島で看護師をしながら生活していました。

石垣島での生活は、私の看護師人生の中で一番ストレスなく働けた時間でした。

私はデイサービスで看護師をしていたのですが、元気なおじいおばあと関わる時間は癒しでしかなく、一緒に働く介護士の方々もユーモアたっぷりで、チャーミングで親切で、毎日がすごく楽しかったです。

この記事では、私が石垣島の求人を見つけた方法と、石垣島で求人を探すときのポイントを紹介していきます。

  • 石垣島に住んでみたいけど、働き先の見つけ方がわからない
  • 石垣島ではどんな種類の働き方があるの?
  • 石垣島で自分に合った職場ってあるんかな・・・

そんな看護師さんの参考に、少しでもなればすごく嬉しいです!

 

看護師の石垣島での就職先ってどんなん?

まずは、石垣島での看護師さんの就職先をざっくり紹介します。

  • 病院
  • クリニック
  • 介護福祉施設
  • 訪問看護

看護師さんの求人としては、この4つが多いと思います。

小さな島ですが、以外と病院・クリニック・介護福祉施設は多いです。

 

石垣島で有名な病院・クリニック

まず、石垣島でよく名前を聞く病院をまとめてみました。

県立八重山病院

一番おっきいのが県立八重山病院
利用者さんもなんかあったら八重山病院に行く人が多いですね。
ここ行っといたら大丈夫やろ、みたいな雰囲気です。

ちゃんとした公立病院はここしかないと思う。

3年後ぐらいには新しい建物になるみたいですよ。

何回か利用者さんの様子見にいってるけど、看護師さんはわりかし優しい人が多いです(面会やからかもしれん)
でも、めっちゃ忙しそうです。
いついってもナースステーションガラガラ。

県立八重山病院のHP

かりゆし病院

ここは病棟があります。
かりゆし病院は行ったことないし、働いてる人も知らないのでよくわかりません。

病院のホームページ情報では、急性期と、療養型と、リハビリ病棟があるみたいです。
ホームページはすごくいい感じでした。

かりゆし病院のHP

徳洲会病院

石垣島にもあります。徳洲会。

ここも働いてる人知らんし、行ったことないのでよくわかりません。
ホームページみてもどんな病棟があるんかいまいちわかりませんでした。

超絶個人的な意見なのですが、徳洲会系列の病院のいい噂はあんまり聞かないです・・・・よね・・・?(笑)
私だけですか?

でも、他の徳洲会で働いてた看護師さんは、「徳洲会よかったよー」っていう人もいてたので、病棟にもよると思います。

あと、働く人の心構え(笑)

石垣島徳洲会のHP

下地脳神経外科

クリニックですね。入院施設はないみたいです。
結構昔からある病院みたいで、利用者さんもよく通ってます。
脳神経専門のクリニックと、内科的な診療してるクリニックと2つあります。

先生は独特な感じらしいです。人に聞いた話なので、真相は定かではありません。
でも、どこ行っても独特な先生っていてますもんね。

下地脳神経外科のHP

病院以外の就職先

病院以外の就職先となると、介護福祉施設が多いです。
石垣島にも介護福祉施設、めちゃめちゃあります。めちゃめちゃあるから、ここに載せるのはやめときますね(笑)

そして看護師さん募集してるところがほとんどです。

わたしも介護施設(デイサービス)で働いていました。

看護師が石垣島のデイサービスで働くメリット5つ「石垣島のデイサービスで働く」 文字見ただけでも、のんびりゆっくりな島時間流れてそう・・・って思いますよね(笑) 実際働いて...

どこで働くのがオススメ?

病院、クリニック、介護施設・・・色んな働き方がありますが、個人的に思うメリット・デメリットを書きますね。

石垣島の病院で働くメリットとデメリット

メリット

  • スタッフが多いから友達できる確率が高い。
  • 夜勤があるから、お給料それなりにもらえる。
  • 夜勤明けで海にいける。
  • 看護技術のスキルが落ちない。

 

デメリット

  • 忙しいと遊びにいく余裕がない。

 

石垣島のクリニックで働くメリット・デメリット

メリット

  • 移住してきたスタッフが少なそう(友達できる機会が少なそう)
  • 夜勤ないから規則正しい生活ができる
  • 採血などの看護技術ができる

 

デメリット

  • ドクターとのコミュニケーションが大変そう
  • 夜勤ないからお給料少ない
  • 少ない看護師で回すから休みの融通がききにくそう

 

石垣島の介護施設で働くメリット・デメリット

メリット

  • 体力的にゆとりを持って働ける
  • 夜勤明けでも遊びにいける
  • 夜勤してたら、楽やけどそれなりにお給料もらえる

 

デメリット

  • 看護技術が向上しない
  • 夜勤しないとお給料めっちゃ安い
  • 夜勤しないと昼間に動ける時間が少ない

 

どうやって就職先を探すか?

看護師の資格があれば、病院でも介護福祉施設でも、働く先はほんとにたくさんあります。

その中でどうやって良い就職先を見つけるのか?を紹介していきます。

  1. 自分でアポをとってみる
    自分でホームページ調べて、連絡してみる方法です。でも、実際するとなれば、めちゃくちゃ面倒です。職場の雰囲気もわからないし、実際のお給料もわからない。
    時間もかかるし、一回就職したら、なかなか辞められないかもしれない。
  2. 離島応援ナースとして働く
    私はおすすめする方法はこれです。

    離島応援ナースとは、看護師の足りていない場所に「期間限定で、即戦力として働く方法」です。私もこの離島応援ナースという制度を利用して約1年間石垣島で過ごしました。

 

離島応援ナースってなに?

 

看護師不足の職場に即戦力として働きにいく、というものです。

派遣ではなくて、期間限定の正社員みたいな感じです。

なので、保険証とか、年金とか、税金的な手続きもちゃんとしてもらえます。

期間は6ヶ月〜で、気に入れば延長もできます。

 

即戦力として働きにいく変わりに、

  • 家電付きの寮がある(家賃1〜2万円くらい)
  • 引っ越し代全額負担
  • 離島応援手当がつく(場所によるけど3〜6万)

というメリットがあります。

普通に就職した場合、こういった条件はないことが多いです。

住む家があって、引っ越し代負担してもらえると、石垣島で働くハードルがグンと下がりますよね。

あとは、6ヶ月の期間限定で働けるから、辛くなったら半年で帰れるっていう気楽さもいいな、とわたしは思ってます。

お試しでプチ移住体験をするには離島応援ナースはとてもいい制度だと思います。

応援ナース経験者が語る。正直、応援ナースってどうなん?「私は北海道でー!」とか言ってるあのCM、気になる・・・ 家電付きの寮に住めて、赴任費用も負担してもらえて、 しかも高給・・...

 

実際に働いてみてどうなん?

めちゃめちゃ楽しいです!(笑)

同じ寮の看護師さんと仲良くなって、休日は一緒に海に遊びにいったり。

大阪から友達が遊びに来てくれて離島に泊まったり、海で泳いだり。

仕事前に朝日を見に行き、仕事終わりに夕日を見にいく。

行きつけのバーができて、そこでまた新しい友達ができたり。

 

あー離島応援ナースしてよかったーってめっちゃ思います。

大阪で働くより、はるかにストレスが少ないです。
人も少ないし、モノも少なくて、ゆったりしてます。

たまに都会が恋しくなるけど、ちょっと帰るぐらいでいいなー、てわたしは思います。

28歳看護師が沖縄応援ナースをしてみたら(良いこと・大変なこと)「こんな素敵な場所に暮らせたらな・・・・」 沖縄に行った看護師さんなら誰でも一度は思うはず。 その願いが叶うのが沖縄離島応援...

離島応援ナースとして石垣島で働くには?

南の島に移住したい!って思っても、なかなか勇気がいります。

ガチで引っ越しするのもめちゃくちゃ大変だし、家具家電を揃えるのも経済的にすごく負担になります。

しかも、「行って途中で帰りたくなったら・・・?」「島の生活が合わなかったら?」

「・・・こわすぎ!やっぱ無理かも!」って憧れのまま終わりそうになりますよね。

 

でも、家電付きの寮があって、引っ越し代を負担してもらえて、半年間の期間限定で働けるなら・・・?

離島応援ナースという制度を利用すれば、家電付きの寮で、引っ越し代を負担してもらえて、期間限定で働けるんです!

この制度を知ったときの衝撃たるや・・・。

こんなうまい話あってええんですか・・・看護師なってよかった・・・って心底思った。笑

私がいつも応援ナースの求人を紹介してもらっているのは、ナースパワー人材センターです。

(こんなん)

ここから離島応援ナースの求人を紹介してもらって、1年間の石垣島ライフを謳歌しました。(笑)

シーズンになると希望の職場がなかなか見つからないこともあるので、行きたいなーって思ったときは早めに登録しておくのがおすすめです^^

石垣島で素敵な生活がおくれますように!

>>ナースパワーで応援ナースの求人を探してみる<<

こんな記事もオススメ