ナースの悩み

サーフローが苦手な新人看護師さんが試してみると良いこと

「あああ!腫れてきた・・・」

「いい感じの血管つぶしてしまった・・・」

こんな経験、私もよくあります。

ふくしま
ふくしま
はじめまして、のまどナースのふくしまです。

新人のときから5年間、急性期病院の腫瘍内科・循環器内科で働いていました。

内科なので、点滴・採血がそれはもう多い。

そしてわたしも、採血よりサーフロー入れる方が苦手でした。
苦手やけど、入ったときの爽快感は大好きです。(知らん)

採血と違って、サーフローは血管に針を入れるだけでなく、内筒を進めて固定しないといけません。

途中で腫れてきたり、内筒が進まなかったり、そもそも逆血がなかったり・・・

サーフロー失敗したとき、すごい落ち込みますよね。

 

今回は、サーフロー留置の成功率を上げるために試してもらいたいことを紹介します。

まずは、血管選びが一番大切!!

サーフロー留置を成功させるためには、とにもかくにも血管選びが大切です。

サーフローを留置するのにベストな血管とは?

弾力があること
これは採血でも一緒ですね。

蛇行していないこと
弾力があっても、蛇行している血管はサーフローの内筒を進められないことが多いです。

血管がサーフローの長さ以上の直線であること

腕を曲げても滴下変動がないところ
たまに、正中にサーフロー留置されている患者さんがいてますが、これはもう最終の最終手段です。
浮腫でどこにも血管がみあたらない患者さんに多い気がする。

動かないこと
触ってコリコリ動くような血管は逃げられることが多いです。

 

こんな血管は狙い目!

逆さまのYになってる血管。

逃げにくいので、成功しやすいです。

 

血管を探す方法

「そんな血管、どこにも見当たらへんのやけど・・・」っていう時、血管を浮き上がらせやすい方法をいくつか紹介します。

無理やろな〜と思って針刺すよりも、これやったらイケる!って思って刺した方が成功率は上がるし、貴重な血管を潰さなくてすみます。

なにより患者さんの苦痛も減りますよね。

 温める

まずは、温めましょう。
とりあえず前腕から。
3分くらい温めたら、血管拡張して、結構探しやすくなります。

 駆血帯絞めて、グーパーグーパーしてもらう

静脈血が怒張しやすくなります
ちなみに、駆血帯はゆるくてもあかんけど、絞め過ぎても動脈の流れまで遮ってしまうから逆効果ですよー!

 指でトントンする

これ、もうちょっと盛り上がってほしいー!っていう血管を見つけたとき、指で優しくトントンしたら盛り上がってくること多いです。
パチパチたたくのは逆効果みたいなので、指で優しくトントンしてみてください。

 

目に見えない血管を見つけよう!

目に見える血管の方が、刺すときにわかりやすくていい・・・わたしもそんな風に思ってました。

でも、目に見える血管より、感触で血管や!ってわかる血管の方が弾力あるし、逃げにくいし、意外と成功しやすかったりします。

でも、老年期の患者さんは、感触で血管や!って思うことは少ないですね。

50歳までぐらいの若い患者さんは、目には見えへんけど、感触でモリっとなってる血管があることが多いです。

 

血管を探す方法

3本くらいの指で優しくなぞる
内から外へなぞってたら、感触でモリっとなってることがあります。

 

 血管見つけやすいところ

  • 手背
  • 上腕にある患者さんも多いです
    (特に老年期の患者さん)
  • 最終手段の足
    寝たきりの患者さんに限る

とにかく、自分のイイ!と思う血管を見つけることが大切です。

「うーん」と思いながら刺しても、大概失敗します。

 

いざ、留置!

血管さえ探せたら、あとは留置するだけです。

針を刺すときのポイント

角度をつけすぎないこと
限りなく皮膚と並行でも大丈夫です。

 内筒に血が返ってきたら、針はそれ以上すすめないこと
内筒だけをゆっくり進めましょう

あ!
針を使う前に、内筒と針、動かしておきましょう。
動きがスムーズになります。
動かしてないと、全然進まんやん!ってなります。

失敗の原因の多くは、針の刺し方ではなくて、針を刺す血管の選び方やと思うんです。

 

とにかく経験あるのみ

わたしが新人看護師のとき、よくサーフロー失敗してました。

で、先輩に変わってもらうことが多かったです。

 

後輩に「サーフロー入らないんですう〜」と言われたとき、先輩になった自分が「よっしゃ任せとき!」って言えるようになるんやろうか・・・って心配でたまりませんでした。

 

でも、4年もしたら、「よっしゃ、わたしが入れてきたろ!」って思えるようになります。

ほんで、だいたい成功します。

 

なので、新人のころは失敗してあたり前、です。

 

患者さんほんとにごめんなさい、っていう気持ちがあれば良いのでは、と思います。

失敗が続くと、「ああ、もうサーフロー入れたくない」って逃げ腰になりますけど、経験しないことにはうまくなりませんから。

 

「わたしに入れさせてください!」と前のめりで先輩にアピールしてたらいいと思います。

それで失敗しても誰も責めないはず。

 

まとめ

  • サーフロー留置の成功は、血管選びにかかっている
  • 血管を浮き出させる術を総動員させて血管を探すべし
  • あとは経験あるのみ

 

番外編

  • サーフロー失敗して交代をお願いするときの先輩がこわすぎる
  • 緊張しすぎて失敗してしまう

サーフロー留置がうまいこといかんのは、心理的な焦り・ストレスもあるかもしれません。

職場環境が悪くて、かなりツライっていう新人看護師さんは、職場を変えてみてもいいかもしれないですね。

 

今の職場環境がつらいとき

採血やサーフローの練習をしたいけど、なかなかさせてもらえない。

先輩に声をかけるのすら萎縮するのに、サーフロー入れるの見てもらうとか、怖すぎ・・・!

先輩との人間関係に悩んでいませんか?

病棟業務が忙しすぎて、全然ついていけなくてツライ・・・

教えてもらった仕事が全然できていない、成長している気がしなくて落ち込む。

ツライと思いながら、我慢して働いていませんか?
新人看護師時代の職場環境って、すごく大切です。

でも、自分に合う職場と、合わない職場ってあるんですよね・・・

合わない職場で働き続けて、心身ともにボロボロになってしまう新人看護師さんもいます。

そうなる前に、自分で自分の環境を変えてあげてくださいね。

新人看護師が1年目で退職するってあかんことなん?石の上にも3年っていうけど、1年目で病院辞めるのは、はたしてそんなに悪いことなのでしょうか。 今回は、新人看護師さ...

 

自分で環境帰るっていっても、なかなか難しいと思うのです。

  • どうやって今の職場をやめればいい?
  • そもそも辞めた方がいいかもわからない
  • 自分に合った職場ってどこ?
  • 自分の家の近くにいい就職先がある?

そんなとき、的確なアドバイスをくれるのが、転職相談サイトです。

 

 

新人看護師さんにとって大切なことは、じっくり話を聞いて、自分にあった職場を丁寧に一緒に探してくれること、です。

 

新卒の転職に強くて、個人的にオススメするのが「看護のお仕事」です。

  • 新人の教育体制が整っている病院に転職したい
  • 病院の辞め方がわからない
  • そもそも、今の病院を辞めるべきかわからない
  • ツライ気持ちを誰かに聞いてほしい

そんな看護師さんにオススメです。

看護のお仕事は、全国で仕事探せるというメリットもあります。

 

新人看護師のときの教育体制って、自分の看護師人生を左右するぐらい大切です。

看護師として、あなたらしく働けますように!応援しています!

⇒看護のお仕事に相談してみる

こんな記事もオススメ