応援ナース

離島応援ナース物語〜人生を変える大きな決断編〜

看護師になってよかった。

どこにいても、行きたい場所に就職先があるから。

たとえ、自分がタイにいても。就職先が、行ったことのない島だったとしても。

 

タイから帰れば、付き合っている彼氏と同棲しようと思ってた。結婚前提で。

 

タイ旅行に出かけているわたしは、都市圏応援ナースの派遣期間を終え、タイのチェンマイへ一人旅をしていた。

一人旅に出る前から次の就職先は探していた。

 

彼と同棲するなら、なんばあたりがいいな。

公園に自転車でいける距離がいい。

 

応援ナースのときにお世話になったナースパワーで「なんば周辺の求人」を紹介してもらっていた。

タイから帰れば、しっかり就職先を決めよう・・・

今はタイの空気を楽しもう。

 

でも、なんとなくしっくりこない感じがしていた。

 

「このままでいいのか。」

 

そのときに、チェンマイで出会った人たちがいた。

みんな、旅をしながら自分の好きなことをして過ごしていた。

 

旅の話を聞けば、心がソワソワする。

もっと、いろんな人に会って、いろんな景色を見てみたい。

 

「このままでいいのか」

 

その声は旅で人と会えば会うほど、無視できないくらい大きくなって、自分の心に違和感として広がり続けた。

 

「このままでいいのか」

そう思っているときは、だいたい「このままでよくない」

 

このままがいい、と色んな理由を頭で考えて、自分に言い聞かせても、どんどん違和感が広がる。

 

 

彼氏と、別れよう。

このまま付き合っていても、お互いにとってよくないと思った。

 

きっと、同じ大阪にいればまた会いたくなってしまうだろう。

 

大阪は、彼との思い出が濃すぎる。

いっそのこと、遠い場所へ行こう。

 

もう、簡単に会えない場所。

思い出が何もない場所。

生活することで、頭がいっぱいになって、彼のことが考えられないような場所。

 

 

ずっと住みたかった、沖縄に住んでみよう。

 

びっくりするぐらいスムーズに、次の就職先は決まった。

まず、ナースパワーに連絡をした。

 

探す地域を「なんば周辺」から「沖縄」に変更して、求人を紹介してもらった。

 

最初は、「大阪の西区あたりで仕事探してます」って言ってた人が突然「沖縄で働きたいんです」とか言いだして、担当の人もびっくりしたと思う。

 

 

そんな言ってることがめちゃくちゃなわたしにも、担当のMさんは、親切にいろんな求人を紹介してくれた。

 

こんな感じで求人を紹介してくれる

 

わたしが沖縄で求人を探すときに条件にしたことは3つ

  • 残業がないところ
  • 夜勤がないところ
  • あたたかくて、大阪からのアクセスがいいところ

 

かなりワガママな条件だ。

それでも、ナースパワーの担当の方は親切に色んな求人を紹介してくれた。

 

しばらくして送られてきたのが、今の職場の求人だった。

 

  • 石垣島のデイサービス
  • 残業なし
  • 夜勤なし
  • 休みは月9回

 

「ここにします」

最後に決めるのは自分の直感だ。

 

タイにいるときに、次の就職の目処がたった。

このときほど、看護師の資格に感謝したことはない。

どこにいても、働く先が決められる資格は、ほんとうにありがたい。

 

帰国してから、彼と別れた。

別れはほんとうにつらかった。

 

身勝手なことをしているのはわたしで、わたしがツラいといっていい立場ではないのだけれど、涙が止まらなかった。

彼と過ごした8年間という歳月はあまりに長かった。

 

彼と別れるということは自分の体の一部がなくなってしまうような感覚だった。

彼がいたから、世界一周ができたし、ほんとうにたくさんの素敵な思い出ができた。

 

今でも、彼にはすごく感謝してるし、やっぱりどこか申し訳ない、という気持ちもある。

でも、あの決断が今の自分を作っていて、決断に後悔したことはない。

 

あのまま彼と結婚していたら今のわたしはいなかったし、出会えなかった人もたくさんいるから。

彼と別れて、ポッカリ空いた穴に意識を向ける暇なく、石垣島への引越しの準備が進んでいく・・・

  応援ナースの求人を選ぶときのポイント3つ

求人を探してるときって、ほんまに色んな求人を紹介してもらえるんですけど、多すぎてどれにしていいか迷うんです。

血迷って変な職場に就職しないためのポイントを紹介しておきます。

 

 優先順位をはっきりさせておく

優先順位がいまいちよくわからない・・・っていう人は、送られてきた求人の「いまいちポイント」を考えてみましょう。

求人の「何に引っかかってるわけ?」という自問自答をしてみるのです。

ポイントは、頭で考えるんじゃなくて、紙に書くこと。

自分の優先順位がなんとなくわかるから、求人選ぶときに大きく道を踏み外すことはないと思います。

 

 希望の条件はしっかり伝える

自分の優先順位がわかったところで、希望の条件を伝えなければ、いつまでも「うーん、いまいち」な求人ばかりかもしれません。

自分の希望条件はちゃんと伝えましょう。

わたしみたいな、ものすごいわがままな条件でも大丈夫です。

見つかるときは、ちゃんと就職先がみつかります。

 

 求人を探し始める時期

希望通りの求人を探すなら、早めに登録して探し始めた方がベターです。

人気の求人なので、夏のシーズンだとなかなか空きがありません。

自分の希望するタイミングで働き始めたいなら、早めに職探しをスタートさせるのがベターです。

春から夏にかけての求人はうまりやすいので、秋〜冬に探すのもいいと思います。

ナースパワーで
沖縄・離島の求人を探す

こんな記事もオススメ