ナースの人間関係

あなたは大丈夫?嫌われる新人看護師さんの3つの特徴

新人看護師時代、職場の人間関係は、ものすごく大切です。

看護師の職場で、人間関係は死活問題です。

先輩看護師から嫌われてしまったら最後、それはそれはハードモードな新人看護師時代になるでしょう。

ふくしま
ふくしま
はじめまして、のまどナースのふくしまです。

急性期病院で5年間働いていました。

 

職場の人間関係で悩む新人看護師さんはどれぐらいいるのでしょうか?

新人看護師時代の人間関係って、ほんとにめちゃくちゃ大切です。

そんな大切な看護師の人間関係をしくじらないために、「こんな行動してたら先輩看護師から嫌われまっせ〜」っていうのを紹介していきますね。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

先輩看護師との関係がうまくいかないとき

  • 先輩たちの態度が冷たい・・・
  • 先輩看護師の声かけがキツイ・・・
  • 毎日いろんなこと注意される・・・

 

そんなとき、
「先輩たちのせいで仕事ツライ!」
「新人やねんから、もっと優しく教えてほしい!」
「他にもっと言い方あるやろくそばばあ!」(口悪すぎ)

って思う気持ちも、すごくよくわかります。

 

でも、そんなとき先輩の態度が変わるのを待っていても、一生変わりません。

(仕事が一人前にできるようになったら変わるかも)

なので、まずは自分の行動を変えていった方早いと思うんです。

 

そもそも、「先輩のせいで仕事ツライ!」って思ってる新人看護師さんと、「自分の行動を改めよう」って思う新人看護師さん。

・・・どっちの方が好かれると思います?(笑)

 

好かれる新人看護師さんは、ツライとき、誰かが助けてくれます。

自分が働きやすい環境を作るためには、自分で行動して環境を変えていきましょー!では、本題に入ります。

 

先輩から好かれる新人看護師になるために、やったらアカンこと3つ!

 

同じ部署にいる人の悪口、愚痴をいう

これ、わたしが思うに、いっちばんやったらアカンことです。

特に、同じ部署にいる人の悪口・愚痴を、同じ職場の人にいうとか、ホント自殺行為なので、絶対やめた方がいいですよ。

たとえ同期でも。

 

悪口・愚痴を言いたいのは、何か嫌なことをされたのかもしれません。

ツライことがあったのかもしれません。

同じ部署の人に悪口・愚痴を言うのは、状況もわかってもらえるので、スッキリするのかもしれません。

でも、そのスッキリするメリットより、悪口を同じ職場の人に言うデメリットの方が大きいとわたしは思うのです。

 

悪口の対象になってる本人には伝わらないと思っていても、雰囲気で伝わってしまうことが多いです。

それに、いつ誰の耳に入るかもわかりません。

何より、人の悪口を言ってるあなたの信用が落ちます。

人の悪口を言ってる人を見るたびに、「この人は影でわたしのことも言ってるかもしれへんなー」って思います。

 

悪口・愚痴を言わないのが一番ですが、「そんなん、めっちゃしんどいやん!」「ストレス溜まってハゲるわ!」っていう看護師さんの気持ちもすごくよくわかります。

 

なので、愚痴は職場と全く関係ない人に言ってくださいね。違う病院に就職した看護学校の友達が、状況もわかってもらえるしベストやと思います。

 

自分の非を認めない

アカン。これもアカン。先輩に注意・指導されたとき、怒られたくないから、自分の身を守るような発言をしてしまう人

自分をかばうような態度を見ると、よけい責めたくなるのが人間の心理なのです・・・。

 

自分が何かインシデントとか、ミスをしたとします。そんなとき、責められたくないですよね?(笑)

わたしも嫌です。

なるべく、責められず、怒られずにその場をしのぎたい。(え)

 

自分が悪いとき、自分をかばってあげたくなるんですよね。

「でも・・・だったから・・・・」とか言うてしまいがちなんです。

自分をかばう態度をしてしまうと、相手はあなたに非を認めさそうと必死になって攻撃してきます

 

そんなときは、変に自分をかばわないのが一番です。

「わたしが150%悪いです。もうこんなダメ新人、だいぶヤバいですよね。先輩に迷惑ばっかりかけて消えた方がいいですね。ほんとすみません」

 

相手が引くぐらい自分で自分のこと責めましょう。(笑)

あ、態度に出すことが大切ですよ。

本心はこんなこと思わなくて大丈夫です。態度と言葉に出せばいいだけ。(え?)

 

そしたら、先輩は「いやいや、それほどじゃないよ、次から気をつけたらいいから」ってなります。

自分の非を認めず、人のせいにばっかりする人は信用されないし、あんまり好かれないんじゃないかな。

 

おんなじ失敗を繰り返す

で、失敗したとき、ただ謝ってたらそれでええんか。

と言えば、そういうわけでもなくて。

失敗から学んで、同じことを繰り替えさないようにするのが大切です。

 

何回も同じミスを繰り返す新人看護師さんは、「え?この子ほんまに大丈夫?」って不安になります。

「謝らんでいいから、次に同じ失敗せーへんようにどうしたらいいか考えて」って思います。

 

失敗することは悪いことではないです。

わたしも、いろんなインシデント起こしてきました。(威張って言えることじゃない)

でも、成功より、失敗から学ぶことの方が遥かに多いです。

ミスしても、そこから学ぶことがあれば、問題ないとわたしは思ってます。

 

先輩看護師との人間関係が悪くて職場を辞めたいとき

いろいろ書きましたけど、どないしても先輩との関係がうまくいかないこともあると思うんです。

 

病棟の雰囲気に馴染めないとか、病棟が忙しすぎて先輩たちに余裕がないとか。自分の努力だけではどうしようもないときもあります。

先輩からのサポートがないまま過ごす、新人看護師時代って、どんなけツライやろうか。

考えただけで涙出そう。

 

ツライ状況で、先輩からのサポートも受けられてない。もう病棟に行くのがツライ。

 

そんな状況のときは、職場を変えてみるのも一つの選択肢だと思うのです。

わたしがもしそんな状況にあるなら、他の職場を探してみます。

 

とはいっても、新人看護師さんが新しい職場を1人で探して、就職活動するのはなかなか難しいと思うんです。

そんなときは、誰かに手伝ってもらった方がいい。

 

できることなら、看護師の職場をよくわかってて、ちゃんと話しを聞いてくれる人がいい。

なので、わたしやったら、とりあえず看護師の転職サイトに登録します。

 

ここで、いろいろ求人情報見て、今のままの方が良さそうやったら今のままでいいし、転職した方が良さそうやったら転職する。

ただただ耐えるだけじゃなくて、自分で行動して決めることが大切やなーって思います。

 

そもそも、自分にあった職場ってどんなところなん?

新人のサポート体制がしっかりしてる職場ってどこなん?

 

そんなとき、的確なアドバイスをしてくれるのが、転職相談サイトです。

 

新人看護師さんにとって大切なことは、じっくり話を聞いて、自分にあった職場を丁寧に一緒に探してくれること、です。

 

新人看護師さんにオススメするのは新卒の転職にも強い看護のお仕事」です。

(こんな感じのところ)

ただ相談乗ってほしい
長く勤められるところに転職したい
新人のサポート体制が整っている職場に転職したい
っていう新人看護師さんにオススメです。

 

全国で仕事探せるのもメリットです。

 

わたしの周りの看護師さんも、看護のお仕事に登録して転職した人多いんです。

少しでも今の環境がよくなりますように!応援してます!

 

⇒看護のお仕事に相談してみる

こんな記事もオススメ